RSS | ATOM | SEARCH
ニュウグランジ遺跡よりの冬至の便り
 今年5月12日の本ブログでも紹介しました世界最古の冬至の日の出線の世界遺産遺跡でありますアイルランド共和国にありますニューグランジ遺跡のM.フォックス氏より、今年の冬至はじめの日の出の画像が送信されてきました。ご関心の方は、5月12日の本ブログ紹介と共に、下記のサイトをご覧下さい。

 http://www.newgrange.com/winter-solstice-2011.htm

 
 事前の抽選を経て招待される50名+各1名の同伴者の方々が冬至の前後数日間に、遺跡の中に入り、冬至の日の出が洞窟内の奥まで差し込む様子を確認出来ることとなっていますので、今回お知らせいただきましたのは、公開日初日の様子と思われます。我が国の代表的な冬至の日の出線であります伊勢神宮の五十鈴橋は表日本の気候のよい地域に立地していますが、このニューグランジ遺跡も天候にめぐまれた地域に立地しているようです。
 ひるがえって、当社の場合は、これまでのところ、本ブログで紹介しましたように、12月14日の日の出だけであり、その後、すべて曇天のため日の出は観測されていません(明るい日の出が観測できましたのは、師走の31日でした)。このことを考えますと、冬至の日の出にあわせて当社の社殿配置を決められるまでに、かなりの年数を要したか、ないしは、独特の方法で冬至の日の出の位置を推定したものとおもわれます。

後書: フォックス氏のメールでは、今年のニューグランジ遺跡も日の出が観察されたのは12月18日のみで後はすべて曇天であったようです。当社も日の出が観測されましたのは12月14日だであり、その後、冬至はもとより連日が雨ないし雪模様の曇天日ばかりでしたが、久しぶりに本日は日の出からしばらくたってでしたが明るい太陽の日の光が境内はもとより郷土の大地にふりそそぎました(平成24年大晦日の朝)
author:bairinnet, category:冬至, 18:29
-, -, - -