RSS | ATOM | SEARCH
湊往来への小橋と旧小松大橋の撤去工事
 旧小松大橋および当社の北側の文田川用水にかかる小橋の撤去工事が開始されました。人の告別式がそうであるように、両橋にかける先人の思いに答えるために、ここに両橋の歴史をふりかえってみることにします。歴史をふりかえるに格好の絵図が『加賀 小松天満宮と梯川』に所収されている「小松町総図」(文政10年)です。下図は、図中の不鮮明な部分の文字等を付加して、当社にかかる部分を示しています。


藩政期の加賀藩本街道たる北国街道を示すのが図中の「粟生通往来」と示す街道です。小松から手取川の粟生の渡しに向かう街道ですが、ここには粟生から小松に向かう街道を示しています。
寺井方面から島田村(現在の島田町)をへて、梯出村(現在の茶屋町)にいたり、梯川にかかる橋(現在の梯大橋)を渡って、下泥町(現在の大川町1丁目)に入り、それより上泥町(現在の大川町2丁目、3丁目)をへて松任町ほかの小松の町内にいたる街道です。
 これに対して、湊往来とは、手取川が増水で粟生の渡しが使えない時などの脇街道のことであり、手取川下流の湊村(現在の白山市湊町)より福島村、下ノ江村、高坂村(現在の能美市福島町、下ノ江町、高坂町)を経て、大島村、上牧村(現在の小松市大島町、上牧町)をへて上図の赤丸で囲んだ当社の北側参道入口にかかる小橋を経て、梯出村(現在の小松市茶屋町)にいたり、梯大橋を渡って小松の町にいたる街道のことであります。ただし、おそらくは明治時代中期以降の土地改良工事が盛んに行われた頃でないかと推察しますが、上図の「湊往来」とかかれた当社北方の街道部分は手取川からの農業用水路(宮竹用水)の一部に転換されているようです。藩政期から明治にかけての湊往来が盛んに利用されていたころの思い出が社殿に残されています。下図に示しますように、当社の随神像が本吉町と湊町の方々によって奉納されています。


このように、当社北側参道入口にかかる小橋は、湊往来(および小松より安宅に到る本街道)に通ずる主要な橋の一つでありました。その橋が、河川改修工事により撤去されることになりました(当社の北側参道も閉鎖されます)。下図は、撤去直前の小橋の写真です。

 
 次ぎに、小松大橋の歴史です。藩政期には梯川にかかる北国街道沿いの橋は下泥町(大川町1丁目)から梯出村(茶屋町)にかかる梯大橋でした。梯川の改修工事の開始される明治時代後半の頃より、梯川に新橋をかける運動がおこり、内務省直営工事として昭和九年八月に起工式、翌昭和十年九月十一日に完成式の斉行されたのが、小松大橋であり上図に青の点線で示された部分にかけられた新たな橋のことです。これにともない上図の赤点線で示すように、新橋から島田の国道(北国街道)にいたる新たな道路も建設されました(図には示していませんが、当社北参道入口の小橋を経ずに上牧にいたる道路が建設されたのもこの頃と推察されます)。当社の東参道が道幅を広げて改修されましたのもこの時であります。
 以上の両橋の歴史をふまえて、工事を担当する業者各位列席のもとの神事をへて、取り壊させていただくことになりました。下図は旧小松大橋と併設の歩道橋のおわかれの写真です。

 なお、湊往来についてはインターネット上にて関連するブログも開設され、沿道の様子をうつした動画も鑑賞されます(残念ながら、湊町付近から根上までで小松市内は収録されていませんが)のでご関心各位はそれらも参照下さい。
 
author:bairinnet, category:北国脇街道・湊往来, 08:10
-, -, - -