RSS | ATOM | SEARCH
令和2年も若葉と花の季節が到来しました

若葉の季節は木々の名前を知るにはよい季節です。たとえば、下図は若葉の付き方が特徴的なシロダモです。

 また、花の季節でもあります。下図はやまぶきの花、十数年前に枯れたどうだんつつじの根株から生え出た二世のどうだんつつじの花、境内の白藤の満開の画像です。

 

  満開の白藤には、待ちかねたように集うミツバチの音が聞こえてきます。かって、雪で藤棚が倒壊したことがあり、倒壊したままの状態で開花の季節を迎えたところ、それを怒ったのか、ミツバチが近くの建物に穴を空けてこまったことがありました。ミツバチの習性でしょうか、この時期には当社の白藤が咲くことを知っているようです。

ミツバチは生き物ですから、余り近づかないように花を楽しむなど出来ますが、目下の国家的緊急事態でありますコロナウイルスは、ウイルスです。生き物は遺伝子の本体であるDNAをもっていて自発的に自分の複製を作れます。

   これに対して、ウイルスにはDNAがありませんから、生き物に寄生して宿主である生き物の細胞を侵略して自分の複製をつくっていきますから、生き物間では可能な注意して近づかないようにするといった直接的対処法が通用しません。出来るのは、ウイルスを不活性化するためにこまめに手洗いをしたり、宿主同士の社会的距離をとったりマスクをするといった間接対応だけのようです。こうしたことに留意して、出来れば樹木図鑑などもって若葉と花の景色を観賞していただければと思います。

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 07:15
-, -, - -