RSS | ATOM | SEARCH
当社宝物が大々的に歴博で公開されています:得がたい機会ですのでお出かけ下さい

 これまで数十年間にわたり斎行されてきました当社宝物館公開にお越しいただいてきました多数の崇敬者各位にお知らせします。今年の当社宝物館公開は、金沢市の石川県立歴史博物館に場所を移して、来る11月4日(10月7日は休館)まで開催されています。当社宝物館より大きな展示場所で、また、北野天満宮や公益財団法人前田育徳会や金沢市内の社寺からの出品とも関連づけて当社宝物の意義の理解がすすむように展示されていますので、是非とも会期中にご覧ください。ここでは5点ほど紹介いたします:

 

1)当社創建の源流(展示番号41番、44番)

 

 戦乱の世では一国一家の団結が乱世を生き延びるのに重要になりましたが、それとともに盛んになった文芸に連歌があります。とりわけ、天神様は連歌をお好みになるとの信仰が盛んになり天神様に願意をお届けする際に連歌を添えて祭典をおこなうことが室町時代から幕末にかけておこなわれました。当社初代宮司能順の父 能舜は北野天満宮と徳川将軍家との仲立ちの役割をにない、能舜宛の徳川秀忠書状(写し)が当社に残されています。

     

 

展覧会では、北野天満宮蔵の秀忠書状が展示(展示番号41)されています。

三代利常公の奥方は将軍秀忠の娘さんである珠姫ですが、三男五女をお産みになられた後に、体調を崩されました。そのため、利常公は能舜に祈祷をお願いしましたが、その礼状が当社に残され、展示(展示番号44)されています。また、今回の歴博での展示にあわせて作成されました図録の126頁に、綿抜豊昭氏による詳細な説明文が掲載されていますので是非ご覧ください。

 

これらより、当社創建の源流に徳川家、前田家と北野天満宮との関わりがあり、初代宮司に能舜子息で連歌の名士とうたわれていた能順が招かれた由縁をものがたる展示です。

 

 2) 北野天満宮社殿の四分の一造営(展示番号34番、35番)

 

初代宮司能順が元禄十六年に藩に提出した由緒書ほかの古文書に、当社社殿が北野宮の四分の一にして建造されていると書かれていましたが、その具体的なことは不明でした。

      

 

 

今から30年ほど前の昭和63年(1988)発行の「小松天満宮だより」第4号に宮 誠而氏が一文を寄稿しました。北野天満宮の現社殿は豊臣秀頼造営になるものですが、現社殿をそのまま四分の一にしたのでは、あまりに小さな社殿になってしまうので、現社殿の両楽の間を取り去った後の社殿を四分の一にしたものであるとの推論を発表され、それにもとづき計算した結果、当社社殿が四分の一になっていることが確かめられました。ただ、創建当時、両楽の間を取り去った理由が、恣意的なもので実体に対応したものでないことを利常公らがご存知の上で建造されたのかどうかは不明のまま課題として残されました。

 その後、前 久夫氏による『寺社建築の歴史図典』(2002発行)において北野天満宮の「拝殿の両脇に、さらに楽の間がとりついでいるが、これは元はなく慶長再建時の付加である」ことが明らかにされました。

 今回の展示ではこのことを証する図面が2点北野天満宮より出品されました。展示番号35番「北野・東山遊楽図屏風」には、秀頼により造営の現在の社殿(両楽の間付き)が描かれています。これに対して、展示番号34番「北野社頭図屏風」には両楽の間がなく、これが秀頼造営前の北野社社殿の図であることがわかります。

 

3)当社創建時奉納の「紅梅図額」(展示番号65)

 

 これは、前田長知(孝記)主水により、明暦3年(1657) 当社創建時に奉納された「紅梅図額」です。前田長知は、守山城及び小松城において利常公の傅役(もりやく)を務めた前田長種の孫にあたる方であり、加賀藩4代藩主前田光高卿に仕えた方です。

 

 

当社奉納の絵馬に描かれているのは白梅が多く、紅梅は珍しい図柄です。今回の歴博展示番号15に前田育徳会より元応元年(1319)作「重文 荏柄天神絵巻 上巻」(10月6日まで、10月8日以降は中巻が展示)より菅公左遷時に菅公が京都亭の紅梅に別れをつげる「紅梅別離」の場面が描かれています。 

 当社創建年の明暦3年(1657) が利常公と珠姫の長男で加賀藩四代藩主光高卿の13回忌にあたることと、奉納者が光高卿に仕えた方であったことを考え合わせますと菅公ゆかりの別れの紅梅図奉納によりご冥福を祈られたのかもしれません。

 

4)「北野梅鉢鏡額」のパネル展示(展示番号66)

 

 

 これは小松馬廻組の生駒頼母宗通により奉納したもので、銀色の彩色を施した円形の木版に六枚の鏡を嵌めこみ北野梅鉢の形を表した額です。経年劣化により色がくすんでいますが、奉納当初は金銀の色鮮やかな額であったろうといわれています。創建当初の当社奉納品や建物には、剣梅鉢紋は唯一、神門の金沢城側につけられているのみで、神門の小松城側には軸梅鉢紋と剣がついていません。一国一城制の例外として認められた全国12の城のうち、小松城のみが大坂夏の陣以後に文化の城として改築されています。文化立国の願いをこめての当社創建でしたから、剣のない梅鉢紋は当社創建にはふさわしい奉納といえます。

 『加賀藩史台』によれば、生駒頼母の祖父 吉田直元は織田信長公に仕えて、永禄7年信長公の侍女を娶り、長男直勝を授かりました。直勝7歳の折に信長公の近習となり、生駒直勝と名を改めた。生駒直勝はその後、豊臣秀次、加藤嘉明、織田信雄に仕えた後、加賀藩二代、三代につかえました。直勝は織田信雄の娘を娶り、二人の間に長男直方と次男頼母が生まれた。次男頼母は、加賀藩四代藩主光高卿に仕えて1000石を食んでいたが、光高卿の没後、家を絶ち、長男直方が後を承けたとかかれています。

 

5)天満宮書幅(展示番号99番の参考パネル展示)

 

今回の歴博での展覧会がなければ、見捨てられていた当社宝物です。

これまで当社には、新修小松市史編纂事業等のための各種調査がなされましたが、全く関心のもたれなかった書であります。

 

 

この書は菅原一家秘伝のもので、菅公の代より一人だけ嫡嫡相伝してきたもので、第6代の三日翁日徳により天保4年(1833)に書かれたものです。神仏習合時の資料はほとんどが破却ないし散逸したとされていましたが、数十年前にまかれた紙状で発見され、現宮司により軸装されていたものです。ただ、北野天満宮社務所殿にお尋ねしても不明のため、日の目をみないままでした。

 ところが、今回の歴博展覧会の準備で調査中の学芸員の方により、同一の作者により天保10年(1839)にかかれた書をもとにした「天満宮扁額」が金沢市の泉野菅原神社殿に収蔵されていることが判明したのです。この額は、北野天満宮目代家(春林坊)において81歳の三日翁菅原道日徳が、一週間(十一月五日から十一日まで)修別火浴場潔斎して書いた書を、加賀本藩において定番御馬廻組番頭を勤めていた神戸盛雄が入手し、加賀の名工・武田友月に彫らせて奉納したものであり、立派な額です。

 当社蔵の書は、三週間潔斎して書かれたものであり、より複雑かつ個性的な書となっていますので、是非 見比べてみてください。ちなみに、雨文字や蛇文字や宝珠に加えて、当社蔵の書には、観音信仰ゆかりの長谷寺などの扁額に出てくる鳩文字が書かれているのが特徴です。

 

author:bairinnet, category:宝物紹介, 12:34
-, -, - -