RSS | ATOM | SEARCH
「令和」ゆかりの梅の和歌1首と5月5日までの御朱印帳への添え書き

 今を去る1290年前、西暦730年、元号で天平2年、太宰府庁の長官 大伴旅人の館で開かれた新春の宴で詠まれた梅の花の和歌32首の序文からとられましたのが、新元号「令和」であります。同じ時代、同じ情景を生きる人々の多様な心が寄り添い、相和す中から文化の華咲く平和な世が育つという意味をもつ元号といえます。この32首の中から一首のお歌を紹介してみます。

 

 梅の花咲きて散りなば櫻花 つぎて咲くべくなりにてあらずや

 

梅の花が咲いてちっていく するとそれについで桜の花が咲きそうになっているではないか、というお歌であります。

 明治時代から平成時代まで約150年強です。この間、明治憲法下でお三方の天皇陛下、新憲法下でお二方の陛下とさせていただきますと、およそ一代で三十年となります。長い短いの違いがありますが、各ご家庭でも当主は約30年で代替わりとなります。

 この和歌の意味するところは、祖父と同じことを父が繰り返し、父と同じことを孫が繰り返すのではなく、各代の当主がそれぞれの個性や資質を活かしてそれぞれの花をつけながら嗣いでいく、そのような時代になってほしいととれます。これは個々のご家庭だけではなく、会社や文化団体などにもあてはまることといえます

  当社では、白梅をふくめて梅は散りましたが、現在、境内に白藤が満開です。 

 

 

当社を訪れられる観光客の皆さんより、白色の藤の花は珍しいといわれます。

また、大伴旅人の頃の梅は白梅でしたから、新元号が令和になることを予想

して植栽したのですかと尋ねられます。この藤の木は随分前に自然発生的に

生え出たものですから、人為的に植栽したものではありません。植栽するなら、

日本舞踊「藤娘」で有名な紫色の花をつける藤の木を選ぶのでないでしょう

か?

令和の由来となった大伴旅人の時代の白梅が散り、それを嗣ぐように同じ白色の藤の花が新元号発布の頃に満開になることは、令和由来の時代に心を寄せる上で意義深いことであります。それゆえ、当社では、改元の5月1日より子どもの日の5月5日の御朱印帳記帳の際に「白藤満開の時」と添え書きをさせてもらっています。

 

       なお、御朱印の対応は当社の授与所にて午前9時から午後3時まで行っていますが、不定期にてお休みすることがあります。

  ご参詣の折にお立ち寄り下さい。

 

 

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 20:49
-, -, - -