RSS | ATOM | SEARCH
春祭りの斉行と元号の話

 天皇陛下が皇后陛下とご結婚されてから60年となることを寿ぎ、小松天満宮春季例祭には、古流柏葉会の奉仕により礼華がお飾りされました。孔雀が羽根を広げているのをイメージして黄金こでまりが生けられ、鮮やかな緑色のルスカスを背景に、孔雀の顔をカラーであらわし、アリストロメリアとカスミ草で彩りを添えています。

 

 

小松天満宮十五社会氏子中や崇敬者よりの志納をおかざりし、小松天満宮ならびに十五社会の役員総代参列して、春季例祭の式典が厳かに斉行されました。式典後に、新元号発表を間近に控えて、元号と菅原道真公との係わりについて社頭講話がありました。

神武天皇から平成天皇まで、125代の天皇陛下がおられますが、元号は、大化の改新の大化から平成まで247の元号が制定されています。天皇の代替わり毎に新元号が制定されるのは通常ですが、それ以外に、南北朝時代に南朝および北朝がそれぞれ元号を制定し、また、吉凶との係わりで新元号が制定されてきました。吉凶の最たる例が「辛酉革命説」です。御祭神の菅原道真公の家系は儒学を家学とする学者の家系で、父も祖父も官僚の養成機関の教授職の文章博士を務め、公卿(参議)の位を受任しました。道真公は藤原摂関家の専横を防ぎたい宇多天皇の信頼を得て、国政を預かる右大臣の高位に昇られました。これに対して、道真公と対立する学派の三善清行は,昌泰3年(西暦900年)11月に道真公に引退勧告をしました。来年、昌泰4年が干支で辛酉年にあたり、辛酉革命説(辛酉の歳には天命が改まる、帝王が変わる、という中国後漢時代の鄭玄らの説)にもとづいて、引退を勧告したのです。道真公としては、帝に謀反の心などあろうはずもなく、若き醍醐天皇を補佐してほしいとの宇多上皇の信任に応えるためにも、この引退勧告を拒否されました。辛酉革命説にも与されなかったといえます。これに対して門閥派は、辛酉革命説の具現化をはかったわけです。道真公の娘さんが、宇多天皇の第三皇子の斉世親王に嫁いでいたため、兄にかわって帝位を奪わんとしているとの讒言を信じられた若き天皇により、太宰府に左遷されてしまいました。左遷後の昌泰4年に、三善清行は辛酉の歳には改元すべきと建議して、昌泰から延喜に改元され、これ以来、明治維新まで一部の例外を除いて、辛酉年には改元されるようになりました。このようなわけで、歴代天皇陛下の数よりも多い247の元号が存在します。

改元に際しては、帝の勅令により大臣より文章博士(もんじょはかせ)と式部大輔(しきぶのたゆう)に元号を出させます。文章博士も式部大輔も共に儒学者ですが、先例や中国古典の出典などを調べて

提案するのですが、採用された元号の提案者のことを勘申者(かんじんしゃ)といいます。勘申者として著名な家系は道真公の子孫の菅原家です。道真公の子孫は、幕末までに、高辻、唐橋、五条、東坊城、清岡、桑原の6家がありました。応仁の乱の開始された1467年の元号は応仁です。これから幕末の慶応まで、400年間に51の元号がありますが、このうち、50個の元号の勘申者を務めたのが菅原家の方です。このように元号と道真公には深いかかわりがあることがわかります。

author:bairinnet, category:祭典・行事, 21:07
-, -, - -