RSS | ATOM | SEARCH
北斗型参道の説明版設置さる

 梯川分水路完成にともない、インフラツーリズムで当社周辺地域を訪れる方々も増えていることから、当社では境内案内板の増設をはかることとしています。昨年の宝物館公開で資料展示した北斗型参道についての説明版を鳥居脇に設置しました。

 

 「宗教的建造物は、御祭神に祈りをささげるのに相応しい聖なる空間を創造せんとする人の試みの具現化したものである」(Vilas Bakde)といわれます。その例が冬至の日の出線上への神門・本殿配置であり、当社と小松城との係わりの図解を含めての説明版は十五重塔西側に設置しています。今回設置の説明版は、もう一つの例であります北斗型参道、とりわけ、七夕の日の出線に沿っての東参道敷設に籠められた創健者の願いについての説明版であります。当社境内参詣の折にご覧いただければ幸いです。

author:bairinnet, category:特徴的な社殿配置, 19:50
-, -, - -