RSS | ATOM | SEARCH
宗祇「角田川」の能順写本(貞享3年)の新発見

 応仁の乱勃発後の文正2(1467)弥生3月に関東下行中の宗祇が、連歌に関する質問に答える形で著した文書に「角田川」(吾妻問答)があります。これの能順写本が、長年にわたり当社の連歌文書を調査・研究している筑波大学の綿抜豊昭氏により当社蔵の連歌文書から新たに発見されました。次の画像は、能順写本の表紙ですが、外題は浅井政右によるものです。

 

 

 当社創健者の前田利常公により初代別当(宮司)に任ぜられた松雲庵能順は29歳から宝永3年(1706)に79歳でなくなるまで、およそ50年間にわたり当社と北野天満宮を兼職し、京都と加賀との文化交流に貢献されましたが、特記すべきは,加賀の地において多くの文化人を育て上げたことでした。能順が活躍した16世紀後半から17世紀にかけての連歌の達人は浅井政右(加賀藩士)、能順、快全(商人から天台宗僧侶)の3名(『三州奇談』)といわれますが、政右も快全も能順さんのお弟子さんです。この二人以外にも芭蕉の小松来訪とのかかわりでよく出てくる越前屋歓生や生駒万子もやはり能順さんのお弟子さんです。

 今般、新発見の能順写本は、後年加賀藩家老を務めた今枝直方の求めに応じて、初心者に連歌の作法を教示した「角田川」を、貞享3年(1686)に能順が写本し、その外題を浅井政右が揮毫したものです。また、「角田川」の成立年については文正2年(1467)と文明2年(1470)の2説がありますが、本写本は文正2年のものです。以下は、これらのことを示す跋文箇所の画像です。なお、今枝直方の義父 今枝近義は、能順と交流がありました。その最たる例は、近義は金沢から、能順は小松から、それぞれ中間地点の松任に出向いて、能順より源氏物語の講説を聞き終えたことです。

 

最終頁.jpg

 

外題を書いた浅井政右と小松とのかかわりで思い出されるのは、連歌会にはお香を絶やさないにかかわる逸話です。綿抜豊昭著『連歌とは何か』より引用して紹介します:

小松の絹屋大原屋某と申す者、絹商いに京師にのぼり、北野信仰にて一昼夜通夜し侍るに、夢となく現つとなく夜半に、天神のお帰りとて社壇俄かに賑はひ。。。仭(さて、思い当たった時に発する言葉)今宵は金沢 浅井政右方に連歌有り、その中に 「朧々と鏡ぞ聞ゆる」 という句に 「老ぬれば耳さへもとの我ならで」 という句あり。面白く今少し聞きたく侍れど香絶えぬ。依りて帰りたりと仰て社壇に入給ひぬと見て、夢さめたり。その後 加賀に帰って政右に尋ねたところ、当日の連歌会の句に夢に出てきた句があるとのことで委細を政右に話したという。それ以後、連歌席には香絶ぬように心得べきと申し合わせたり、という逸話であります。

政右と共に能順の連歌の高弟であった快全についても同様の逸話が紹介されているので、関心の各位は前掲書をご覧ください。

なお、跋文中にある依頼主の「戸部直方」ですが、今枝直方は民部とも称しました。民部の唐名が「戸部」(こぶ)であり、これより今枝直方と判明したものです。このことは、本件を取材した新聞記者の方が金沢市の玉川図書館近世史料館の学芸員の方より教示されたものです。

author:bairinnet, category:宝物紹介, 05:00
-, -, - -