RSS | ATOM | SEARCH
小松天満宮宝物館公開のご案内

       「利常公360回忌記念」 小松天満宮宝物館公開案内

 

  本年は 万治元年(1658)10月12日に小松城にて逝去された前田利常公(当社創健者)の150回忌となります。

  それを記念して下記のように当社宝物館公開を行いますので、ご案内申し上げます。

 

日時: 平成301014日(日)午前9時から午後3時まで

    平成301015日(月)午前9時から午後3時まで

 

展示内容

 

 1)当社参道は 神門を通って本殿方向に射し込む冬至の日の出と東参道を通って本殿に射し込む七夕の日の日の出という二つの日の出を受け入れるように北斗型参道をしています。七夕の日の出に籠めた創健者(利常公)の願いにかかる調査結果と関連宝物を展示します。この調査の進展に大きく貢献した徳川ミュージアム所蔵の「文昌星像」の写真展示も

徳川ミュージアムの許可を得て行います。

 

 2)当社蔵の加州新刀展

 

  * 明治維新150年記念: 慶応4年奉納刀(刀身4尺)

 

     今年が明治維新150周年となることから、明治改元の慶応4年正月、まさに鳥羽伏見の戦いの頃、小松の町人296人と七町の若連中の浄財をもとに製作された長さ4尺の奉納刀と奉納額を展示します。

 

      承応3年銘の薙刀 

 

    利常公はお孫さんで幼い藩主(加賀守綱利、後の綱紀卿)の元服の歳の承応3年に藩内の刀工22人に各1刀を謹作せしめて、刀工名と承応38月吉日を刻して高岡の瑞龍寺に寄進しました。現存するのはわずかに2刀といわれています。『微妙公御直言』には「御領国所々の大社の内に御籠物として御刀等仰せ附けられたのは、加賀守武運長久の為である」とかかれていますが、近時、当社にて、瑞龍寺奉納刀の22の一人である藤原家忠による薙刀が発見されましたので、今回、初展示いたします。なお、薙刀刀身には作刀名と共に承応3年8月吉日と、瑞龍寺奉納刀と同じ年月日が刻されています。

 

駐車場紹介

 

 下記の茶色表示のように、仮設駐車場4ヶ所を準備いたしましたが、駐車可能台数が限られていますので、極力、徒歩にてお参り頂きますようにお願いいたします。また、天満橋から鳥居にいたる坂路は歩行者もおられますので車での通行の際は、歩行者に注意して減速して通行下さい。仮設駐車場での事故は責任を負いかねますので、注意して駐車下さい。

 

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 14:26
-, -, - -