RSS | ATOM | SEARCH
平成30年2月の豪雪によるスダジイの枝打とようやくの梅の開花

 

今年の小松地方は、昭和38年、昭和61年につぐ戦後3番目といわれる豪雪(29日までに104僉砲砲澆泙錣譴泙靴拭213日にもかなりの降雪でしたので、昭和38年以来になっているかもしれません。

 下図は、28日の社殿廻りの積雪状況です。社殿を北風から守ってきているスダジイの大木も雪をかぶって南側(社殿側)に大きく垂れ下がってしまいました。

 

このスダジイは輪中堤建設と排水路建設にともない、スダジイ北側の枝打ち、根切り、北側に隣接する仮設排水路の水位高により悪影響を受け、樹勢も低下してきていましたので摘果剤散布等の養生策がとられてきたものです。

南側の枝葉が降雪で垂れ下がりつづけることは、幹の傾斜をもたらし、ひいては根切りされている北側の根元が浮き上がって倒木のリスクをもたらす可能性もあり、愛樹研究所の松枝所長殿の指導のもと、出入りの造園業者さんに至急枝打ちをしていただいた後の状態が下図です。ただし、下図の左上の枝先端部分を2/5程 透かす作業は、造園業者さんではなく、木こりさんに頼まないと無理のため、別の機会にすることとなりました。

 

 

 例年なら、1月中に開花する梅園の紅梅の開花は遅れて、降雪が一段落した2月16日に、ようやく梅園の紅梅が5輪ほど開花しました。今年は、例年より1ヶ月以上開花が遅れているようです。

 

 

 

 

author:bairinnet, category:鎮守の森と河川改修, 16:40
-, -, - -