RSS | ATOM | SEARCH
北陸には珍しい好天のもと、梯川分水路が県内各地よりの散策者でにぎわう

 本来なら恵比寿講荒れの荒天の季節ですが、今日はのどかな好天にめぐまれ、七尾市や金沢市など県内各地からの行楽客で梯川分水路は賑わいをみせました。北西方向から小松大橋・白山方向をみての分水路と天満橋と境内付近の画像です。空は真っ青です。遠方からの行楽客の方々の中には事前に調べてこられているのか、小松城跡に出かけられました。

 

 

 

 

分水路を歩いていますと、鳥居越しに白山が望めました。

 

 

分水路によって浮島の宮となった天満宮を囲む輪中堤上の散策路には、ところどころに説明盤が設置され、これにはQRコードが添付されています。スマートフォンをお持ちの方々には、これを読み込んでいただきますと約130秒の音声画像説明がみられますので、ご利用ください。

 

 

 このQRコードは天満宮境内にも数か所設置されていますので、境内の案内にもご利用ください。

 

author:bairinnet, category:地域振興, 14:39
-, -, - -