RSS | ATOM | SEARCH
梯川分水路竣工記念の諸行事の斉行

長年工事が行われていました梯川分水路の竣工を記念しての事業官庁等による記念式典が来たる1119日に斉行されることになりました。これに先立ち、各種の記念行事が当社境内にて執り行われました。

111日には、当社創建360周年と分水路完成を祝して、創作漢詩石碑奉納式と除幕式が斉行されました。当社御祭神の菅原道真公は、中国固有の漢詩文学の模倣を脱して独自の日本的漢詩文を大成して、日本文学史上最も精彩ある平安文学を開く一つの原動力となった方です。第二次大戦後の欧米文化の大流入と共に漢詩文は長らく影を潜めてしまいました。そうした時代風潮の中でたゆまず創作漢詩を続けられた郷土の漢詩人が大西 勉殿であり、菅公千百年祭における創作漢詩奉納を契機に氏が創設されたのが「小松梅林吟社」であります。この度、重なる慶事を祝い、小松梅林吟社有志の方により「創作漢詩石碑」一基が冬至の日の出線上近くに奉納されました。下図は除幕式後の画像です。

 

 

冬至の日の出は当社の神門から本殿方向に差し込んできますが、神門に差し込む朝日は白山山系の妙法山上から射し込んできます。石碑は四面からなり、各面に漢詩が刻されます。まず、白山の方向を向いた側に、親子二代にわたり漢詩創作に親しまれている石田寛人殿の白山を詠んだ漢詩を、社殿方向に当社早春風景を詠んだ大西勉殿の漢詩を、残り二面には「小松梅林吟社」会員より全国的な創作漢詩大会に最初に入賞された安田裕子殿と能登外茂次殿の漢詩が刻されています。

11月1日から7日にかけては当社梅園奥の渡り廊下にて、小松梅林吟社各位による創作漢詩展が開催されました。

 

この漢詩展には、ホールインワンを達成された会員を祝しての漢詩(下図)など多彩な内容の創作漢詩が展示され、多くの見学者で賑わいました。

 

 10月30日には、創建360周年を祝しての能楽奉納が去る6月3日に開催されたことを記念しての能楽奉納記念碑が小松能楽会有志各位により社殿前方に奉納され、また、11月4日には郷土の書家であります山本穆子殿により梅園内に紅梅の献木がなされました。

 11月6日-7日の両日にわたり、竣工間近の分水路見学会が金沢河川国道事務所職員各位の案内により多数の参加者を迎えて開催されました。

 

 

また、6日から7日の両日に当社宝物館の一般公開が行われ、当社創建の棟札や本多政長による当社縁起書や江戸琳派の酒井抱一や当社社頭を描いた山本光一の扇面画や梯川対岸より当社方向を望んでの山水画(久保田米僊画)などの宝物展示に加えて、河川改修にともなう諸調査により明らかになった当社の文化・自然的特徴をとりまとめたパネル展示が行われました。

 

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 06:33
-, -, - -