RSS | ATOM | SEARCH
梯川分水路の水位低下効果、台風5号により実証さる

 

本ブログでは、ほぼ完成している梯川分水路の水位低下効果について報告いたします。事業官庁の金沢河川国道事務所は、昭和46年以来工事が進められてきた河口から6kmまでの川幅を1.5倍に広げる河川拡幅と上流の赤瀬ダムの建設により2mの水位低下効果が発揮されたことが、今回の台風5号により判明したと814日に公表いたしました(金沢河川国道事務所のホームページ参照)。本ブログでは、河口から3km付近に立地する当社境内地を迂回する形で建設された梯川分水路が造成されていなかった時(平成25729日発生の大水)と造成・通水されていた今回の台風5号来襲時の、小松大橋(河口から3.2km)での最高水位と累積雨量の比較にもとづいて、分水路の水位低下効果について報告いたします。

 

目次

1)梯川における河川整備事業

2)分水路方式による河川整備の実施

3)梯川におけるこれまでの出水状況:最高水位と累積雨量

4)台風5号の襲来と梯川分水路の水位低下効果

―――――――――――――――――――――――――――――

本文

 

1)梯川における河川整備事業

 

 明治30年に石川県管理となって以来、石川県小松市を流れる梯川では明治44-大正2年、昭和5年-11年、昭和12-18年にかけて改修工事が実施され、昭和46年度からは国による直轄事業として川幅を1.5倍に広げる等の河川整備事業が実施され、河口から3km付近に立地する当社付近を除いて、河口から6km付近までの引堤工事が完成しています。これまでに、河口から5km(小松新橋)から6km(白江大橋)にかけての拡幅により70cmの水位低減効果を発揮していることが判明しています(詳細は、金沢河川国道事務所HPを参照)。

 

2)分水路方式による河川整備の実施

 

 当社境内地を中の島とする分水路方式により川幅を1.5倍に拡幅する分水路整備事業が平成24年から開始され、平成29年7月末現在で分水路は通水状態になり、今年の11月中に付帯設備を含めて全体が完成することになっています。(詳細は、金沢河川国道事務所HPを参照)。

 

3)梯川におけるこれまでの出水状況:最高水位と累積雨量

 

 梯川におけるこれまでの最高水位は、河口から9.9kmにある埴田観測所において、平成25年7月29日の午後5時20分に観測された5.23m(水位はT.P単位)です。当社付近にある小松大橋(河口から3.2km)のこの日の水位は午後6時で3.76m、午前3時から午後6時までの15時間(降り始めから最高水位を記録する迄の経過時間)での累積雨量は217mmでした。この平成25年7月29日午後5時半の小松大橋付近の画像が図1です。この時の水位は3.7mでした。

 

 

 川は左から右に流れ下っていて、手前は当社の南側に工事中の輪中堤建設のための鋼管です。小松大橋の橋脚ぎりぎりにまで水位が上昇しています。この時は、当社境内域からの排水路が未整備のため、境内全域が水没してしまい、その対応におわれて対岸からの画像をとれませんでした。そこで、同様の河川水位になった平成18年7月17日午前10時に対岸(梯川の左岸側)から当社をみた画像が図2です。この時の水位は3.73mでした。

 

 

 

右岸堤防の天端近くまで河川水位が上昇していることがわかります。

 河口付近から改修のすすんでいました梯川の改修工事は、現在では、当社をとりまく分水路も概成しています。そのような時に来襲したのが今回の台風5号でした。平成2988日の午前11時に、上流の埴田観測所(河口から9.9km)では、87日午後10時から88日午前11時までの累積雨量が189mmで、午前11時に最高水位4.56mを記録しました。この水位は、平成25年の時の水位よりは低めでした。

 これに対して河口から3.2kmにある当社付近の小松大橋では前日の午後10時から88日の正午までの15時間での累積雨量が196mmで、この正午に最高水位2.58mを記録しました。

 最高水位までの累積降雨量では平成25729日の午前3時から午後6時までの15時間で217mmに対して、平成298月の台風5号来襲時の場合は、87日の午後10時から88日の正午までの15時間での 196mmですから、平成25年の方がやや多くなっています。

 河口より3.0km付近の当社より下流側の河川拡幅工事の完成した平成17年の1年後の平成18717日の大雨時には降り始め(前日の午後11時)から小松大橋付近(河口から3.3km)での最高水位3.81mを記録した17日午前9時までの11時間で累積雨量149mmでした。平成25729日の場合は、最高水位3.76mを達成した午後6時までの15時間で累積雨量217mmと平成18年よりも68mmも累積雨量が多かったにもかかわらず最高水位はやや低くなっています。

 最初の降雨までに降雨がない場合と降雨があった場合では、河川への流出量が異なると考えられます。そこで、小松大橋での最高水位を記録するまでの48時間累積雨量を、梯川の雨量の基準観測点であります尾小屋雨量観測所でのデータを調べてみます。平成25727日午後7時から729日午後6時までの48時間雨量は217ミリと15時間雨量と変わりません。ところが、平成18715日午前10時から717日午前9時までの48時間雨量は256ミリと11時間雨量よりも大幅に増加し、平成257月の時よりも累積雨量が40ミリも増加しています。

 一般的にいって、降雨量が長時間かけて降った場合よりも短時間で降った場合の方が、地域の市街化率が高まっている現代では、水位にあたえる影響が大になっていると考えられます。それでも、H25年時よりも48時間雨量がかなり多くなっているH18年時における河川の最高水位が高めになっていることは、48時間累積雨量の与える影響も無視出来ないことを示しています。

 

4)台風5号の襲来と梯川分水路の水位低下効果

 

 今回のH298月の場合は、48時間雨量が199mm15時間雨量が196mmとなり、H25年時と同様に、短時間での降雨にあたり、経過時間も同じです。経過時間15時間の累積雨量がH25年の216mmに対してH29年が196mmです。

 H25729日大水の場合は、累積雨量216mmの午後6時に最高水位を記録しましたが、累積雨量198mmの午後5時に最高水位3.6m、累積雨量180mmの午後4時に最高水位3.37mを記録していました。これより線形補間すると、累積雨量196mmでの最高水位は3.574mと推定されます。H25729日大水において、最高水位までの累積雨量が196mmであったとした時の最高水位は3.574mと推定されます。

 

 実際に計測された最高水位は、H25729日の推定最高水位3.574mに対して、今回の台風5号来襲時の最高水位は2.58mとおよそ1m程度減少しました。大きく減少したといってよいでしょう。

 

 平成2988日の正午過ぎの小松大橋付近の画像が図3です。

 

 

図1の平成25729日の小松大橋の橋脚の河川水位画像に比較しても平成2988日の河川水位は低くなっていることがわかります。

  88日の同時刻に左岸側から右岸側に構築された輪中堤を望んだ画像が図4です。輪中堤の向こうに当社境内が望めます。また、平常時の同様の画像が図5です。

 

 

 

 

 平成25729日と同程度の降雨量にもかかわらず河川水位が平成25年時の水位よりも小松大橋付近で上昇しなかったことの主原因は、平成25年から平成29年にかけて建設された梯川の分水路です。図6は平成2988日の正午過ぎにおける分水路の画像です。また、図7は平水時における分水路の画像です。

 

 

 分水路の深さは梯川本川と同じ深さですから、図6において水位の上にでている輪中堤の段数は、図4に示す本川側の輪中堤の段数(3段)と同様になっています。

 以上より、梯川で過去最高水位を記録した平成25729日の降雨量規模に近い降雨量規模となった今回の台風5号襲来時の小松大橋での最高水位が1m近く低下したことは、分水路による梯川改修効果を実証しているといえます。

 なお、平成25年時に経験した当社境内地における地下水位の上昇による高木の根腐れが、排水路の完成した当社境内地において再現するかどうかは、今しばらく地下水位の動向を見守る必要があります。

author:bairinnet, category:神社と河川改修, 05:18
-, -, - -