RSS | ATOM | SEARCH
スダジイ先端の枯れとアランドロンの太陽がいっぱい

516日のスダジイへの摘果剤散布の後、その後の開花の状況を日々観察していますが、図1の緑色丸印内に示すのが、本日 519日午前中の東側からの状況です。開花が下部にかけてすすんでいることが判明します。

 

 

 

図2は、スダジイの下方の3箇所から採取した枝葉です。枝打ち跡から元気に萌芽している付近からとったのが、図の真ん中と左端です。右端は陽のあたる南側の下部付近の枝葉です。この三つとも、開花も進んでおり、葉の形も昨年よりは大きくなってきているのは好ましいことですし、右端のは葉の色が濃くなってきています。これもよい傾向とされます。

  

 

図1の先端部分を撮影したのが、次の図3です。

 

 

先端部分が枯れています。これについて、平成19年の金沢河川国道事務所による「小松天満宮整備計画評価委員会」以来、指導いただいている樹木医の方にお聞きしたところ、アランドロン主演映画「太陽がいっぱい」のラストシーンなみのことを教えて頂きました。

 木の先端部分が枯れてくるのは、根の先端部分が枯れてくるのと連動しているというのです。H28813日号の本ブログ「スダジイの根元土壌改良工事の実施(その1)」で詳しく説明しましたように、このスダジイの枝打ち・根切り後にスダジイ北側に設置されました仮設排水路の水位が高かったために、スダジイの北側の根腐れがおきてしまったのです。

 図4は平成24125日のスダジイ北側の根元付近からみた課仮設排水路の水位です。非常に高くなっています。

 

 

 

 

この状態が改善されましたのは、平成27年4月に仮設排水路の釜場が深く掘り下げられてからですので、長期間、根ぐされの状態でしたから、根の先端が枯死しても当然です。おどろくべきことは、こうしたことをスダジイは覚えていて、今年になってはっきりとそれを示してきたことです。これも長年、本ブログ項目「鎮守の森と河川改修」を続けてきたことの効用です。

author:bairinnet, category:鎮守の森と河川改修, 15:17
-, -, - -