RSS | ATOM | SEARCH
スダジイの開花と摘果剤散布

 本ブログ(2016.12.05)「平成28年下期の樹木調査」で報告しましたように、昨年の金沢河川国道事務所による境内の樹木調査において、調査担当の樹木医殿より、国の指定文化財であります社殿を風雪雨被害から保護するのに貢献していて、河川改修工事、特に、輪中堤建設と排水路建設の間に甚大な枝打ちと根切りの実施されましたスダジイ大木について、樹勢回復の遅れが指摘されました。改善策もいくつか指摘されましたが、特に、花から実になるときのエネルギー消費を減らすべく、昨年より摘果剤散布を本格実施していますが、昨年秋の樹木調査では、ドングリの実が多く付いている枝も残されていました。本年も国土交通省金沢河川国道事務所および工事業者殿の協力のもとで実施することがかないました。今年は昨年までの摘果剤散布の経験をふまえて、スダジイの開花に即した摘果剤散布を行うように助言をうけました。

 平成29年5月16日のスダジイの画像です。

 

       

 

 

 開花しているかどうかを確認するために、高ばさみで枝葉をサンプル採取してみたのが下図です。

   

    

 

 

緑色丸印で囲まれているのが 雄花であり、赤丸印で囲まれているのが 雌花です。雌花部分拡大してみたのが次の図中の赤丸部分です。この赤丸内の雌花は開花しているようですが、まだ開花していない雌花もみられます。

 

 

 

これを確認して5月16日に摘果剤の散布が実施されました。ただ、スダジイの全部の枝葉について開花が進んでいるのではありません。次の画像の赤丸内は、いまだ開花していない部分です。

 

   

 

この赤丸印部分の枝葉を採取してみたのが、下の画像です。右側の枝葉では開花していますが、左側の赤丸内では、雄花も雌花もまだ開花していません。

 

   

 

 次の画像の肌色丸印部分は、スダジイの上部ですが、葉のつきも少なく枯れ枝がおおく樹勢がよくありません。他方、スダジイの下部は枝打ち部分からの萌芽も盛んで葉も茂っていますが、この下部において開花していない枝葉が多くなっています。この下部の樹勢の消耗を減らすためにも、花から果実になる際のエネルギー消耗を減らすことが重要になります。指導していただいている樹木医殿からは、5日後にもう一度摘果剤をまいた方がよいとの助言を受けました。関係各位の協力のもと、来週早々に摘果剤をまくことになりました。

 

 

 

 

 

author:bairinnet, category:鎮守の森と河川改修, 14:37
-, -, - -