RSS | ATOM | SEARCH
分水路の試験通水実施さる

今月下旬に実施される分水路の通水式のための試験通水が実施されました。

下の画像は分水路に通水された状態の画像です。本川の梯川は東から西に流れ下りますので、東側から西側をみての画像です。画像の左側が天満宮の境内地です。

 

 

 次の画像2は、本川から水分水路に水の入る、入り口方面の画像です。

2015年11月30日付けの当ブログに説明するように、分水路の河床と本川の河床は同じ高さに造成されているため, 分水路と本川を隔てる敷居をとれば、円滑に流水が分水路に流れ込むことが本日確認されました。

 

 

 画像3は、分水路の流末の画像です。

 

 

 通水確認後に、画像3の流末より排水が実施され、元の空堀状態に戻りました。その画像が画像4です。

 

 

 

  試験通水の実施された時間における本川の水位は標高で57僂任靴拭2菫1と画像4を比較すると、河川水位と分水路水位との対応関係が明らかになります。

 

author:bairinnet, category:神社と河川改修, 15:24
-, -, - -