RSS | ATOM | SEARCH
幻の『加越能楽』4号入手し、当社能舞台の謎、解明さる

 

 本ブログでは、平成25年に、能舞台について3回紹介しています。平成25年2月12日号、5月11日号、5月15日号の3回です。当社能楽堂は、明治29年10月16-17日に舞台開興行が開催されました。その後、昭和10年頃の梯川河川改修にて、建立時の社殿前方あたりから、西方に移築されました。平成の河川改修により、平成25年に能楽堂の本舞台のみが明治の建立時の故地に再度移築されたものです。平成25年の再移築は、土地制約等により、本舞台のみを故地に移築したものです。2月12日号のブログは平成25年の再移築前のものであり、5月11日号、5月15日号のブログは、移築工事中や工事竣工後のブログであります。

 移築工事中に当社能楽堂の上棟の棟札(図1)が発見されました。上棟祭の年月が明治27年5月であったことがわかります。

 

 

             当社能楽堂の来歴は、2月12日号と5月15日号 の本ブログでも紹介しましたが、再掲してみます。

     昭和47年に出版された『金沢の能楽』(梶井幸代・蜜田良二著)中に、廃藩置県後の金沢において流行し、泉鏡花も見たという、今様能狂言一座、特に、泉祐三郎一座の使用した舞台についての以下の記述(梶井・蜜田著、236頁)に基づいています:

 

「泉祐三郎座の舞台は、もと、波吉家の舞台であったというから、波吉一家が、明治二十年上京したとき移されたものであろうか。。。。 今この今様の舞台は、小松の梯天神社へ移されている。小松では移築の工事半ばで日清戦役がおこり、雨ざらしで放置されたのを修築して明治二十九年舞台開きをしたということである。」 この文中、梯天神社とは、明治維新後に「天満宮」等の「宮」の使用が制限された折に、使用されていた社号の一つであります。

 

       昭和62年3月に公表された『加賀 小松天満宮と梯川』(小松天満宮等専門調査報告書)中の「小松天満宮の建築」(田中俊之著)は、金沢からの全面的移築説に以下のように疑問を投げかけています。

 

「能舞台の背景の松の壁画は、当時金沢から東京へ移住するために屋敷内の能舞台を取りこわす事にした金沢市の野町の某家の能舞台の壁画を譲り受けたものと伝え、見事な松の絵である。一説には、能舞台ではなくて、芝居興行などに使われたものをそのまま譲り受けて移築した為に、寸法的には通常の能舞台と異なって小さいのであると云われている。しかし、寸法的には舞台間口は三間あり、奥行も十六.五尺に九尺と極く普通の大きさであるので、芝居興行の舞台とは考えられない。。。。又現在桟瓦葺きの屋根の下に杮葺の軒付が残っており、金沢から軒付を付けたままで運ばれたとは考えにくい。」

 

       今回の移築を担当した宮大工さんによれば、金沢からの移築となれば全部バラして移築するし、この軒付は移築したものではない、として、田中説に同調しています。

 

       『金沢の能楽』(梶井幸代・蜜田良二著)の当社にかかる箇所の引用文献とされているのが、『加越能楽』第4号です。この雑誌は、金沢市立図書館には所蔵なく、石川県立図書館は所蔵するも第4号は欠落していました。また、明治29年の当社能楽堂の舞台開に出演している佐野吉之助が明治33年に建立した佐野能楽堂を引き継ぐ石川県立能楽堂にも所蔵していないということでした。

 

    小松天満宮社務所では長年にわたり『加越能楽』第4号を探してきましたが、幸いにも過日、金沢の古書店より購入することが出来ました。下図はその表紙の画像です。

 

 

         昭和24年8月5日発行第4号9月号の目次は以下の通りです:

 

月並能解説             佐野安彦

謡方講座(羽衣)            同

謡方手引

能、謡の術語            松内 省

能芸術の魅力−世阿弥における美と自由の精神−

                    川口久雄

屑籠                 座 吟

能登能楽と古文書        八田健一

大野湊の御神事能        清水九璋

水邊の草

東京だより

小松梅林院の舞臺開     魚住弘英

各社消息

 

       この魚住弘英氏による小論が長年探し求めていた論文であります。本論は前半に当社の能舞台の説明があり、後半に舞台開能番組の紹介があり、最後に短い結びの文の3部からなっています。舞台開能番組は額装されて当社宝物になったものがあり、その内容は既知でありますので、ここでは前半部と結びの文を紹介させていただきます:

 

        小松梅林院の舞臺開     魚住弘英

「小松梅林院は梯天神様とも称え小松城の東北梯川の畔に在り中納言(前田利常卿)がお城の鬼門除として造営致され境内は京都北野天満宮に模し当時京都から連歌の名師梅林能順師をまね来て別当とせられた社である。此社には、小松市に唯一つの能舞臺がある。当主梅林秀順翁の話によれば明治二十八年小松町の有志方のはからひで当時金澤に在ったものを此社へ造営されたものであるが、立柱間もなく日清戦争が起り屋根も葺きあへず工事は中止の情体となり翌年戦争終了後やうやく完成致したもので其間風雨にさらされて舞臺二つ建てたと等しい費用を要したものであるとの事で此舞臺開きは明治二十九年十月十六日十七日両日催された。佐野安彦先生の話によれば先代佐野吉之助先生初め各先生方は中食辨当酒などけいたいの上金澤を未明に出立致され八里の道を徒歩にて小松の舞臺開きへ趣かれ又帰途し同じく此道程を取られたとの御話である。番組中の楽師の内太鼓の筒井氏や小鼓の小槌氏は小松人で筒井氏には今も名器の太鼓が保存されてあると云われて居る。

                          み社の松に聲あり氷室会      潤石

私の社中は毎年此社で氷室会を催す事に致してゐる。以前はほととぎすの聲も聞き得たと云われるが梯川改修の為め其風致も損じて今は其面影を止どめない事も誠に遺憾な一つである。

   舞臺開能楽番組  省略

                                                               以上

 

 因みに先年当社昇格葵に私等が主催して祝賀能を催した際

も梅に因んで鉢木巻絹を出した思い出がある。         (完)」

 

     この文中「当主梅林秀順翁」とあるのは、小松天満宮第9代宮司(在任:明治32年−昭和27年)のことであります。9代宮司は8代宮司とは親戚関係にあり、幼少の頃より後継宮司に目されていたから、能舞台竣工時の事情を熟知していた人であります。ただ、竣工年が明治二十八年とされているのは、魚住氏の聞き間違いか秀順翁の記憶違いであると推察されます。

 この秀順翁の話より、図1の棟札の掲げられた明治27年5月後間もなく日清戦争が始まり、屋根をふくまもなく放置されていた能舞台の工事が再開され、戦後に工事再開となって、結果的に「舞臺二つ建てたと等しい費用を要した」といわれていることは重要なことです。工事再開後に、雨ざらしにあっていた部材の多くは新しいものに取り替えられてほとんど新築同様の能舞台として竣工されたことが伺われます。

     これをふまえると、田中氏や今回の移築を担当した宮大工さんが指摘されたように、当社能舞台に使用されている部材は金澤から移築してきたものばかりでなく、多くの部材は新材にとりかえられて建てられたことが判明します。それゆえ、現存する当社能楽堂本舞台(能舞台)内で、波吉家能舞台を引き継いでいるものは、寸法等の建築様式以外には、鏡板ということになります。おそらく鏡板部分は、放置されている間も何らかの形で保護されていたのではないかと推察されます。

    最後に、現存する当社能舞台の移築完了時に撮影された前景部分を示します。鏡板については、本ブログ平成25年(2013)2月12日号をご覧下さい。

 

 

 

author:bairinnet, category:神社の歴史, 15:50
-, -, - -