RSS | ATOM | SEARCH
乾隆帝の龍飾と参道形態 (Dragon ornament of the Qianlong Emperor and the shrine approach path)
我々の住む地球上からは、北斗七星は図1のように、7つの星がつながって柄杓の形のようにみえます。
 
     
 
奈良県の飛鳥歴史公園内にあるキトラ古墳に描かれた星宿図(天文図)にも北斗七星が描かれていますが、最初の5つの星と残りの星を分けて描かれています。このような場合には、最初の5つの星の部分は「北斗」とよばれます。図2が、キトラ古墳に描かれた図の模写です。

    

 
 
本年1月27日放映のNHK BSプレミアム「中国王朝 よみがえる伝説:乾隆帝と謎の美女・香妃」において、清王朝第6代皇帝で 王朝の最盛期を築いた乾隆帝(在位1735-96)の墓から出土した「北斗七星龍飾」の画像が初めて公開されました。この画像は、2月6日付けのとある週刊誌にも掲載されています。

  皇帝の身にまとう衣服につけられた黄金のブローチですが、それに真珠で縁取った北斗七星がつけられている豪華なものです。これは,皇帝が身につけるものですから、地上から見るのではなく、天のはるかかなたにいる天帝から見た北斗七星の形をかたどっています。それを模写したのが図3です。緑色線の部分がキトラ星宿図に描かれた「北斗」の部分です。

   
     

 小松天満宮の創建以来の参道形態をGoogleマップの画像(誤字訂正)上に緑色線で表示し



た図が、図4です。なお、社殿は南面しています。

  
「北斗」の番号1のところに社殿(shrine main building)が番号3のところに神門(shrine gate)があり、番号5のところに鳥居(torii, a gateway to a shrine precinct)があり、龍飾にみる「北斗」の形をしています。創健者の加賀藩三代利常公は殖産興業の観点からも、家臣を長崎に派遣して積極的に中国文物を購入していましたから、このような龍飾にみる北斗七星の形をご存じだったのかもしれません。
 天神様がご覧になっておられる、そのような気持ちで参詣者が参道を歩まれる、にふさわしい参道形態といえます。

 
author:bairinnet, category:特徴的な社殿配置, 08:53
-, -, - -