RSS | ATOM | SEARCH
撫で牛像の復帰
河川改修工事(輪中堤構築工事)のために数年間 能舞台前方に移動していました撫で牛像がゆかりの元の位置に再建されました。



この撫で牛像は、幕末の頃、北前船の港町として栄えた越前国浜坂浦の北前船首の方より奉納されたものです。当社の南端に沿って流れる梯川は白山山系大日山から安宅の浜に流れ下って日本海に注ぎますが、藩政期には、当社のやや上流にある梯大橋までは橋がかけられていませんでした。これは小松城の米倉や塩倉等に荷を運び入れたり、運び出したりするために北前船が梯川を通行しやすいようにするためでした。梯大橋の南端の町は上泥町(現在の大川町1丁目)で北端の町は梯出村(現在の茶屋町)で北国街道はこの梯大橋を通っていました。そのため、梯大橋両岸には北前船関係の荷下ろし場所として大変賑わったといいます。
 撫で牛像が安座しているこの場所は、昭和12年頃の梯川改修前には創建以来、舟付き場があり、藩政期には黒門と称する門も設置されていました。下記の画像は、このことに関する明治期に撮影された写真です。青丸印内が船着き場の模様です。




祭礼の折には対岸より舟が運航されて参詣客で賑わいをみせたといわれます。この場所は、北前船で賑わいを見せた頃の梯川を偲ぶ場所であり、今は、この撫で牛像が当時の梯川の賑わいを伝えています。
 
author:bairinnet, category:神社と河川改修, 11:37
-, -, - -