RSS | ATOM | SEARCH
玉泉院丸再訪:画竜点睛を欠くのは残念なるも金沢城公園の魅力は確実に向上

  本ブログで平成2353日号と57日号の2回にわたり「玉泉院丸と作庭記」について紹介してから4年後の今月25日、新装開園した玉泉院丸庭園」を再訪する機会をえました。玉泉院丸庭園の現在の案内図を平成23年当時掲示されていた絵図面と同様の角度にして表示してみたのが画像1です。


右手方向に三十間長屋がみえます。画像2は、平成23年当時に遠望した滝口ですが、



同様の角度での現在の遠望が画像3です。


説明看板より、平成20年から24年までの発掘調査や江戸時代末期の詳細な絵図面等をもとに、確認された遺構の上に約2mの盛土をして庭園を再現したことがわかります。池に3つの中島をうかべて、周囲を園路で結ぶ池泉回遊式庭園です。画像4の茶丸印は平成23年ブログにて「お亭跡」と紹介したものです。


現在、そこは、画像5の赤丸印のように保存されています。



近くに画像6の説明板が新設されました。


休憩所の観光案内人の方の説明では、藩政期お茶室用の井戸として使用されていたとのことです。平成23年当時、この井戸からは滝口が見えませんでした(画像7)。


ブログで指摘させていただいたことの効果でしょうか、現在は、邪魔していた樹木の伐採等がなされて滝口がよく見通せるようになりました。

 作庭記の代表的な遺構である平泉の毛越寺は長年にわたる遺構発掘調査にもとづいて遣水も復元され、池の水もきれいに保持されています。ここ玉泉院丸の遣水がどのような遺構調査成果にもとづいて造成されているのか不明ですが、案内所の方のお話では、池の水は循環再利用されているようです。ただ、池の出口が池の中央付近にあることと池水の栄養塩処理が行われていないとすると、現在でもよどみに藻類が発生しているようですから夏場にかけて水質が悪化するのではないかとの危惧をもちました。

 大変よく整備されて新装開園した玉泉院丸庭園ですが、一つ残念なことは、滝口が使用されていないことです。寛永11年に小堀遠州配下の剣左衛門に命じて、この庭園を造成された第3代藩主利常公は、それ以前に二ノ丸庭園を造成されていて、この二ノ丸庭園からの流水が滝口を「離れ落ち」の仕様にて池に流れ落ちていたと考えられています。現在、この二ノ丸跡は画像8の示すように広い空地や樹林地になっていて、もちろん庭園も復元されていませんから、流水も滝口には流れ込めません。

ただ、滝口の下方から池に向かって、発掘調査の成果を踏まえて「段落ちの滝」が復元されていて、これは見事な造作といえます。画像9は「段落ちの滝」が池に流れ込む模様を示しています。


画像10は説明板です。



ただ、本ブログの副題に「画竜点睛を欠く」とさせていただいたのは、坪野石製のV字形滝口が画像11の示すように、使用されないためと土砂が溜まったために草が生えていることです。


休憩所の観光案内人の方方のお話では、滝口下の石垣でしょうかの掃除をもされているようですが、これらの方方に草を取って頂くことは危険ですので、お願いしているのではありません。やはり、何か、この滝口から「離れ落ち」の方法にて水を流す策を考えて頂きたいとの願いから「画竜点睛を欠くのは残念なるも」とさせていただきました。
 ただ、この玉泉院丸庭園の利用開始にともなって金沢城公園の利便性は格段に向上しました。これまで金沢城公園といえば、石川門から金沢城公園に入ることが多かったのではないでしょうか。ところが、玉泉院丸庭園を鑑賞し、仰ぎ見る石垣群を眺めながら苑路に導かれて上がってゆくと二の丸広場に出、そこから本丸緑地の植生観察や鶴丸倉庫の見学などをして、三の丸広場にでて三御門を見学して石川門から兼六園側に出て、茶店で休憩してから兼六園に入るというコースが充実していることです。玉泉院丸庭園の完成により高低差を利用した金沢城公園周遊路が可能になったことが観光客の利便性を高めるのに貢献していると思います。

 

author:bairinnet, category:玉泉院丸, 15:12
-, -, - -