RSS | ATOM | SEARCH
石川県小松市にてかまきり孵化しました
 家のすだれにかまきりが卵をうみつけているのを見たのは昨年の10月16日のことでした。下図はそのおりの写真です。



 春になってから昼も夜も毎日のようにいつ孵化するかと観察していました。インターネット情報では東京の池袋にて5月18日に孵化したとの記事がのっていましたので、いまかいまかと待ち構えていたところ、今日、6月3日の午前6時45分に孵化したてのカマキリの子供が無数に巣から出てきているところをみつけました。その折りの写真です。



沢山の子供ですが、生まれた時からカマキリの形をしています。ところが,一時間後の8時前に巣のところをみますと、多くのカマキリの子が動かなくなっています。草むらにたどりつくまえに力つきてしまったようです。また、すだれから下の方に落下してところにあった雲の巣にかかったりしています。無事成虫になるのはごくわずかということですが、生後まもない子供を見守ってくれる母親のいないカマキリの子供には思わず同情してしまいます。それにしても、このような情景に遭遇することは長年家で生活していて初めてのことです。
東京よりも約2週間遅れの孵化ということです。
author:bairinnet, category:四季の景色, 07:52
-, -, - -