RSS | ATOM | SEARCH
梅の木にカイガラムシ大発生
 小松の町は今日から御旅祭りで活気づいていますが、当社ではこの期間中は恒例の梅園の梅の葉の手入れや実をとる作業を行います。ところが今年は、芽吹いたばかりの梅の葉が枯れたような木があります。下図がその一例です。



枝のところをよくみると丸い茶色の点のようなものが多数ついていて白い汁を出しているのもあります。



びっしりとついてしまって葉のなくなった枝は切り落としましたが、下図がその写真です。



枝に沢山ついています。早速、樹木医さんに電話で説明したり、見てもらったところ、カイガラムシの一種ということで、植物の汁をすわれて葉が枯れてしまうようです。これほど大発生すると、やはり薬剤散布せざるを得ないということで、雨上がりをまって散布することにしました。これまでになかった現象ですが、これも今年の天候が、寒さがつづいて急にあたたかかくなってきたせいでしょうか。
author:bairinnet, category:鎮守の森, 16:30
-, -, - -