RSS | ATOM | SEARCH
アオサギの子育て始まる

本日、アオサギの親と子供の写真がとれました。最初の画像の青点線が親鳥で、黄色点線が子供が親の方を向いています。もう一匹の子供が黄色点線の左側にいますが、なかなか写真はとれません。第二の画像は、近くの輪中堤散策路上に落ちていたアオサギの卵の殻(殻の色は青色)ですから、親鳥は少なくとも3個の卵を産んだようです。

 

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 16:51
-, -, - -
令和2年も若葉と花の季節が到来しました

若葉の季節は木々の名前を知るにはよい季節です。たとえば、下図は若葉の付き方が特徴的なシロダモです。

 また、花の季節でもあります。下図はやまぶきの花、十数年前に枯れたどうだんつつじの根株から生え出た二世のどうだんつつじの花、境内の白藤の満開の画像です。

 

  満開の白藤には、待ちかねたように集うミツバチの音が聞こえてきます。かって、雪で藤棚が倒壊したことがあり、倒壊したままの状態で開花の季節を迎えたところ、それを怒ったのか、ミツバチが近くの建物に穴を空けてこまったことがありました。ミツバチの習性でしょうか、この時期には当社の白藤が咲くことを知っているようです。

ミツバチは生き物ですから、余り近づかないように花を楽しむなど出来ますが、目下の国家的緊急事態でありますコロナウイルスは、ウイルスです。生き物は遺伝子の本体であるDNAをもっていて自発的に自分の複製を作れます。

   これに対して、ウイルスにはDNAがありませんから、生き物に寄生して宿主である生き物の細胞を侵略して自分の複製をつくっていきますから、生き物間では可能な注意して近づかないようにするといった直接的対処法が通用しません。出来るのは、ウイルスを不活性化するためにこまめに手洗いをしたり、宿主同士の社会的距離をとったりマスクをするといった間接対応だけのようです。こうしたことに留意して、出来れば樹木図鑑などもって若葉と花の景色を観賞していただければと思います。

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 07:15
-, -, - -
アオサギの巣作り開始と共存のための手間作業

 

 326日からアオサギの巣作りが開始されました。下図は、アオサギが巣作りしている松の木の一番上を赤丸印で示したものです。

 

 このましい風景ですが、こまったことがあります。それは、近くにある社殿を風雨から防ぐ板に糞害が出てしまうことです。下図の白点がアオサギの排出した糞が風で板に付着した状況を示しています。

 これをふせぐには、1)松の木の巣作り付近を剪定して巣作り出来ないようにすること、2)花火をうってアオサギを追い出すこと、が考えられます。ただし、1)は松の木の頂上部を剪定することで、松の木の樹勢をよわめるリスクがあり、2)は花火で追い出すためにはかなりの数を打ち上げねばならないかもしれず、周辺にあたえる影響から好ましくありません。そこで、最終的に、糞が付着したら、すぐに拭き取ることにいたしました。下図はその作業中です。これにより、かなり拭き取ることが出来ることが確認されましたので、アオサギの子育て期間中は手間がかかりますが、これで対処することにいたします。

author:bairinnet, category:四季の景色, 13:34
-, -, - -
令和2年梅花の見納めと梅園へのお礼肥

 

 令和2年の梅花も参道沿いの紅梅数本などとともに見納めとなっています。

 

 

 今年も多くの方々に梅見共々に参詣いただきましたが、開花のお礼をこめての追肥作業(お礼肥、おれいごえ)が梅園にて行われました。梅の木の周りに深さ30センチほどの穴をあけ、そこに肥料を注入していく作業です。当社の梅の木は献木されたものが大半ですが、40年ほどたっている木も多く、来年にむけての樹勢回復を願ってのお礼肥作業です。

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 15:59
-, -, - -
白梅も咲き出しました

淡いピンク色の紅梅に加えて、白梅も、また、濃い紅色の紅梅も咲き始めました。

 

 

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 19:53
-, -, - -
梅園の紅梅咲き出す

暖冬気味だった今冬で最初の本格的な寒さとなった2月6日の早朝にとられた梅園の紅梅の早咲きの状況です。通常の年だと2月中旬から紅梅が咲き始め、白梅は紅梅よりも遅く咲き出し3月25日の春期例祭の頃まで観賞できますが、今年は例年よりも早いようです。

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 20:31
-, -, - -
「令和」ゆかりの梅の和歌1首と5月5日までの御朱印帳への添え書き

 今を去る1290年前、西暦730年、元号で天平2年、太宰府庁の長官 大伴旅人の館で開かれた新春の宴で詠まれた梅の花の和歌32首の序文からとられましたのが、新元号「令和」であります。同じ時代、同じ情景を生きる人々の多様な心が寄り添い、相和す中から文化の華咲く平和な世が育つという意味をもつ元号といえます。この32首の中から一首のお歌を紹介してみます。

 

 梅の花咲きて散りなば櫻花 つぎて咲くべくなりにてあらずや

 

梅の花が咲いてちっていく するとそれについで桜の花が咲きそうになっているではないか、というお歌であります。

 明治時代から平成時代まで約150年強です。この間、明治憲法下でお三方の天皇陛下、新憲法下でお二方の陛下とさせていただきますと、およそ一代で三十年となります。長い短いの違いがありますが、各ご家庭でも当主は約30年で代替わりとなります。

 この和歌の意味するところは、祖父と同じことを父が繰り返し、父と同じことを孫が繰り返すのではなく、各代の当主がそれぞれの個性や資質を活かしてそれぞれの花をつけながら嗣いでいく、そのような時代になってほしいととれます。これは個々のご家庭だけではなく、会社や文化団体などにもあてはまることといえます

  当社では、白梅をふくめて梅は散りましたが、現在、境内に白藤が満開です。 

 

 

当社を訪れられる観光客の皆さんより、白色の藤の花は珍しいといわれます。

また、大伴旅人の頃の梅は白梅でしたから、新元号が令和になることを予想

して植栽したのですかと尋ねられます。この藤の木は随分前に自然発生的に

生え出たものですから、人為的に植栽したものではありません。植栽するなら、

日本舞踊「藤娘」で有名な紫色の花をつける藤の木を選ぶのでないでしょう

か?

令和の由来となった大伴旅人の時代の白梅が散り、それを嗣ぐように同じ白色の藤の花が新元号発布の頃に満開になることは、令和由来の時代に心を寄せる上で意義深いことであります。それゆえ、当社では、改元の5月1日より子どもの日の5月5日の御朱印帳記帳の際に「白藤満開の時」と添え書きをさせてもらっています。

 

       なお、御朱印の対応は当社の授与所にて午前9時から午後3時まで行っていますが、不定期にてお休みすることがあります。

  ご参詣の折にお立ち寄り下さい。

 

 

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 20:49
-, -, - -
白梅咲き始めるも昨年より2週間ほど早い

 白梅が咲き始めましたが、豪雪に見舞われた昨年と比べて2週間ほど早くなっています。本日の雨中にとった神門手前の白梅の開花状況です:

 

 

昨年は女優の壇蜜さんがロケで来社の3月20日にはこの場所の白梅は満開になっていましたので、今年の満開は10日ほど早くなるのでないでしょうか。

梅園の紅梅は咲きそろってきました。昨年は3月17日頃から梅園の紅梅は見頃を迎えていましたので、今年は10ほど早まるようです。

 

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 07:53
-, -, - -
花の季節到来

 近くの田んぼの田おこしが終わり水をはり田植えの準備にとりかかる頃は、境内の梅園の梅の木に若葉がつき始め、藤の花とつつじが咲き誇る季節の到来です。

 

また、梅林院記念館の庭園には、平成15年に枯死した利常公お手植えと伝えられたドウダンツツジの二世が元気に花をつけています。

 

この二世の若木は枯死したために切り倒された親木の根元から生え出たものです。次の画像の赤丸印が親木の切り株です。

 

 

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 20:31
-, -, - -
30年ぶりの豪雪の後に、梅花は見頃を迎える

当社梅園の紅梅は見頃を迎えました。

また、昨年斎行されました当社創建360周年の春に稚松校下町内会連合会殿により献木されました白梅と梯川分水路完成式典の斎行されました昨年秋に山本穆子殿により献木されました紅梅もそれぞれ開花いたしました。

 


 

また、梯川分水路堤防沿いの全長460mの遊歩道の安全柵も完成し、平坦な遊歩道ですので車椅子での利用も可能なようになっています。

この遊歩道からは参道沿いおよび梅園の梅花を鑑賞できます。紅梅につづいて白梅も開花がすすみますので、ご参詣の折にはこの遊歩道もご利用ください。次の画像は遊歩道からみた社殿前の開花状況です。

 


 

 

author:bairinnet, category:四季の景色, 06:00
-, -, - -