RSS | ATOM | SEARCH
小松城入城380周年を記念して説明看板増設さる

 寛永16年、齢47歳にて加賀藩三代藩主前田利常公は加賀藩の家督(80万石)を長男光高卿にゆずり、次男利次卿を富山藩(10万石)、三男利治卿を大聖寺藩(7万石)として、一国一城令の例外として小松城改築を幕府に許可されました。翌、寛永17年(16406月小松城に入城されてから、今年は380周年の記念の歳となります。社務所では、かねてより境内の説明看板の設置に努めてきましたが、記念の年に、新たな説明看板を社殿手前の参道沿いに設置しました。

 

 

遠方よりこられた参詣者より、「社殿が北野天満宮の四分の一になっているとネットでみたので来ました」、「小松城と金沢城の一直線上にあるそうですが、守山城とはどういう関係ですか」といったご質問をうけますので、これらにこたえるべく設置したものですが、本ブログでは作成にいたる経緯を説明いたします。

 昭和50年代後半に、小松市教育委員会が事務局になって、当社と梯川にかかる歴史・自然・河川改修方法などを調査研究する調査会が設置されましたが、それと並行して、先代宮司の指示のもと、社務所でも独自の調査研究が進められました。当社の立地の固有性に関する最初の研究成果は、民俗学者であった吉野裕子氏より紹介されて研究班に参加していた黒岩重人氏により、当社が小松城と金沢城を結ぶ一直線上に立地していることが判明したことです。2.5万分の一の地図を貼り付けて、両城の三角点を結んで直線をひく検証作業でも確認されました。昭和62年(1987)のことでした。下図は黒岩氏作成の図面です。

 

その後、社務所独自の調査により、この一直線を伸ばしていくと、高岡市郊外の山城である守山城に達し、これら3城はすべて利常公が居住された城であることが判明しました。この3城のうち、小松城だけは生涯にわたり2度住まわれたお城であり、芭蕉の奥の細道において2度訪れた町が小松だけとされることとあわせて、「再訪の街こまつ」にふさわしい故実となっています。

 

 藩政時代に小松城城代を勤めた冨田景周が文化4年(1807)に著した『加賀州能美郡小松城来歴並びに黄門一峰公小松養老以後事状考』には、「天満宮を梯河濱に新たに建立也。本堂は良匠山上善右衛門に命し京北野天神社状を四分の一に縮造すと云」とかかれています。このことを確かめるべく昭和39年(1964)刊『重要文化財小松天満宮修理報告書』では、現在の北野天満宮と小松天満宮の平面積を以下のように比較し、比率は4.7対1となり四分の一になっていないと指摘しました。

 

これに対して、先代宮司監修で昭和57年(1982)に刊行された『小松天満宮誌』の撮影・編集を担当した宮 誠而氏は、最初に北野天満宮と小松天満宮の正面図に着目し、正面図の面積比が四分の一になっていることに気づいた。下図が、正面図を比較したものです。

 

 ところが、北野天満宮の現在の社殿をそのまま四分の一に縮造した場合、特に、小松天満宮の両楽の間があまりに小さいものになってしまう。そこで、北野天満宮の現在の社殿から両楽の間を取り去った社殿と小松天満宮の平面積を比較してみると四分の一になることを見つけたのです。黒岩氏の発見の翌年の昭和63年(1988)のことでありました。その後、何故、両楽の間を取り外すのかの究明は社務所に引き継がれました。長年にわたる先行文献調査の結果、福山敏男(1942年初版、1989年復刻版)『神社小図集』等により、豊臣秀頼による慶長12年(1607)の北野天満宮再興時に両楽の間が付加されたことが判明し、小松天満宮は、この慶長の修理以前の北野天満宮の平面積の四分の一になっていることが判明しました。

 

 最後に、何故 四分の一かです。本社の鳥居横の説明看板中の下図が示すように、二つの日の出線(冬至と七夕)が本殿に射し入るように社殿、神門と逆さ北斗型参道が敷設されています。

 

 

この配置関係は創建時以来不変です。このような配置を確保しつつ慶長12年以前の北野社を縮造するという利常公により与えられた課題に対する善右衛門の答えが四分の一であった、というのが社務所の推定であります。

 

 

 

author:bairinnet, category:宗教的建造物のシンボリズム, 06:00
-, -, - -
菅公の七夕の漢詩と史記天官書(つづき):北斗型参道の追加説明2

 

 菅公(菅原道真)が、寛平七年(八九五)七月七日の夜、宮中で開かれた詩宴において宇多天皇の命に応えて詠まれた七夕の漢詩(七言絶句)の説明のつづきです。

 七夕 応製 寛平七年895 従三位権中納言 

 

今夜不容乞巧兼   今夜は乞巧(きっこう)を兼ねることを容されず

唯思万歳聖皇占   ただ思へらくは万歳( まんせい )  聖皇の占ひたまはむことを

明朝大史何來奏   明朝 大史(たいし)何をか来り奏するならむ

更有文星映玉簾   更に文星の玉簾に映(は)ゆること有らむこと

 

 転句と結句の説明は先のブログでいたしました。今夜の詩宴は乞巧の儀式ではないというのが起句の意味です。乞巧とは、七夕の日に月に向かって五色の糸を九つの穴をもつ針に通すことができれば、巧(たくみ)の証明を得たと占った儀式のことです(川口久雄校注『菅家文草 菅家後集』より)。

 本ブログは、帝の長寿を星に祈る転句の典拠の説明です。江戸時代の百科辞典である『和漢三才図会』などを発行している東洋文庫では、魁星像の写しをかいせい御札として頒布しています。東洋文庫ミュージアムMAブログ「かいせいくんにおねがい2」(201512月17日)では、この御札の原図となった書物の画像を掲載しています。この書物は、故事の出典用例を記した書物として江戸時代によく利用された『書言故事大全』という書物です。この書物は石川県立図書館でも閲覧できますが、魁星像の上方に三つの星が描かれていて織姫をあらわしています。これは、魁星の誕生日が七夕の日といわれていることから、織姫(三星文)が描かれているといわれます。

 『菅家文草 菅家後集』も引用している『史記』の天官書は、「織女星は天帝の女孫である」と記しています。史記の注釈本である『史記正義』には「織女三星は天の川の北、天紀の東にあり天女なり・・・・占いに、王者神明に至孝ならば、すなわち三星ともにあきらかなり」と記されています。また、旧暦七夕の頃に南の空には、天の川の傍らに南斗六星があり、「三国志」に出てくる魏の国の占い師の管輅(かんろ)の話にあるように、南斗六星は「人間の寿命をつかさどる」といわれます。これらをふまえて、川口久雄校注『菅家文草 菅家後集』では、この承句に「ただひとえに聖天子に万歳の寿がさずけられますようにと星辰に祈って、その星の光に占いをかけるばかりである」と注記している。このように、承句は、帝の長寿をお祈りする内容になっています。

 

author:bairinnet, category:宗教的建造物のシンボリズム, 19:39
-, -, - -
菅公の七夕の漢詩と史記の天官書: 北斗型参道の追加説明

 『日本大百科全書4』には、魁星(文昌星)について以下のように説明しています: 「北斗七星中の第一星、ないしは第一星から第四星までの名。。。魁星は、文星または文昌星(ぶんしょうせい)ともいわれて文運をつかさどる星とみなされ、後世とくに科挙試験の受験生により信奉された。。。(伊藤清司)」。科挙試験が定着する中国南宋王朝以降、学問・文芸の神としての魁星・文昌星信仰が知識人の間で盛んになりますが、わが国への伝来に関する社務所調査に10年以上の時間がかかってしまいました。

 わが国の文芸作品で、文昌星(文星)を詠んだ作品に、菅公(菅原道真)が、寛平七年(八九五)七月七日の夜、宮中で開かれた詩宴において宇多天皇の命に応えて詠まれた七夕の漢詩(七言絶句)があります。

 七夕 応製 寛平七年895 従三位権中納言  

今夜不容乞巧兼   今夜は乞巧(きっこう)を兼ねることを容されず

唯思万歳聖皇占   ただ思へらくは万歳( まんせい )  聖皇の占ひたまはむことを

明朝大史何來奏   明朝 大史(たいし)何をか来り奏するならむ

更有文星映玉簾   更に文星の玉簾に映(は)ゆること有らむこと

この漢詩のよまれた平安時代には、彦星と織姫星の出会う七夕の翌朝に、大史陰陽寮のトップ)が、天文現象にもとづいて天皇に奏上する「天文密奏(てんもんみっそう)」が行われていました。菅公の漢詩の転句は、七夕の翌日にどのようなことを奏上するのであろうか、と詠い、結句は、菅公の望まれる奏上内容です: 

「文運を司る「文昌星」が玉座の御簾に映えて、明光をはなって見え隠れしていると奏上して、一層の文運のさかえを占いだすであろう(川口久雄校注『菅家文草』を参照)」。

 菅公の漢詩は文運を司る文昌星の加護をえて、帝の治世に文運の栄えのあらんことを願う詩となっていますが、魁星のことにはふれられていません。ただ、玉座の御簾をよまれていることと、それが皇居の奥まった場所にあることを思うと、文昌星=魁星、ないしは、文昌星が魁星の近くにあることを理解しての作詞のようにも思えます。

 北斗七星や魁星、文昌星のことが出てくるのは前漢の司馬遷による『史記』の天官書です。また、この史記の三大注釈書といわれるのが、古いものから順に、中国の南北朝時代の宋王朝(420−479)の裴駰により書かれた『史記集解(しきしっかい)』、唐の司馬貞(679−732)による『史記索隠』。最も新しいのが 唐の開元24年(736)に成立の『史記正義』です。

社務所ではこれら三大注釈本の閲覧を重ねてきましたが、このうち最も古い史記集解の南宋時代の公刊本『宋刊本史記集解』は大阪市の武田科学振興財団所蔵で国宝に指定されています。下記は、武田科学振興財団の入っているビルとビルの正面玄関の写真です。

 

 

 

ただ、残念なことに国宝本には天官書の部分が欠けていましたが、同じ南宋の紹興10年(1140)刊行の『史記集解』130巻の中の天官書を閲覧できました。

 司馬遷の『史記』天官書には、魁星とは北斗七星の第一星から第四星、「北斗の魁星をいただいて、これを助ける六つの星を文昌星という」と記され、文昌星は北斗七星のすぐ近くにあるとみなされていました。三大注釈書の中で最も新しい、唐の開元24年(736)に成立の『史記正義』には、「魁(魁星)は斗(北斗)の第一星」と明記しています。史記正義の出版年は菅公の生誕はるか前ですから、菅公の時代には、文昌星が北斗の第一星(魁星)を照らすという理解があり、これをうけての菅公漢詩の結句であることがわかります。

author:bairinnet, category:宗教的建造物のシンボリズム, 20:19
-, -, - -
北斗型参道の説明版設置さる

 梯川分水路完成にともない、インフラツーリズムで当社周辺地域を訪れる方々も増えていることから、当社では境内案内板の増設をはかることとしています。昨年の宝物館公開で資料展示した北斗型参道についての説明版を鳥居脇に設置しました。

 

 「宗教的建造物は、御祭神に祈りをささげるのに相応しい聖なる空間を創造せんとする人の試みの具現化したものである」(Vilas Bakde)といわれます。その例が冬至の日の出線上への神門・本殿配置であり、当社と小松城との係わりの図解を含めての説明版は十五重塔西側に設置しています。今回設置の説明版は、もう一つの例であります北斗型参道、とりわけ、七夕の日の出線に沿っての東参道敷設に籠められた創健者の願いについての説明版であります。当社境内参詣の折にご覧いただければ幸いです。

author:bairinnet, category:宗教的建造物のシンボリズム, 19:50
-, -, - -
乾隆帝の龍飾と参道形態 (Dragon ornament of the Qianlong Emperor and the shrine approach path)

我々の住む地球上からは、北斗七星は図1のように、7つの星がつながって柄杓の形のようにみえます。
 
     
 
奈良県の飛鳥歴史公園内にあるキトラ古墳に描かれた星宿図(天文図)にも北斗七星が描かれていますが、最初の5つの星と残りの星を分けて描かれています。このような場合には、最初の5つの星の部分は「北斗」とよばれます。図2が、キトラ古墳に描かれた図の模写です。

    

 
 
本年1月27日放映のNHK BSプレミアム「中国王朝 よみがえる伝説:乾隆帝と謎の美女・香妃」において、清王朝第6代皇帝で 王朝の最盛期を築いた乾隆帝(在位1735-96)の墓から出土した「北斗七星龍飾」の画像が初めて公開されました。この画像は、2月6日付けのとある週刊誌にも掲載されています。

  皇帝の身にまとう衣服につけられた黄金のブローチですが、それに真珠で縁取った北斗七星がつけられている豪華なものです。これは,皇帝が身につけるものですから、地上から見るのではなく、天のはるかかなたにいる天帝から見た北斗七星の形をかたどっています。それを模写したのが図3です。緑色線の部分がキトラ星宿図に描かれた「北斗」の部分です。

   
     

 小松天満宮の創建以来の参道形態をGoogleマップの画像(誤字訂正)上に緑色線で表示し



た図が、図4です。なお、社殿は南面しています。

  
「北斗」の番号1のところに社殿(shrine main building)が番号3のところに神門(shrine gate)があり、番号5のところに鳥居(torii, a gateway to a shrine precinct)があり、龍飾にみる「北斗」の形をしています。創健者の加賀藩三代利常公は殖産興業の観点からも、家臣を長崎に派遣して積極的に中国文物を購入していましたから、このような龍飾にみる北斗七星の形をご存じだったのかもしれません。
 天神様がご覧になっておられる、そのような気持ちで参詣者が参道を歩まれる、にふさわしい参道形態といえます。

 

author:bairinnet, category:宗教的建造物のシンボリズム, 08:53
-, -, - -