RSS | ATOM | SEARCH
能舞台における献花式(記念行事その4)

 

 創建360周年記念行事(その4)として、平成29年6月4日(日)午後2時半より、神事につづいて能舞台において、古流柏葉会の奉仕による献花式が斉行されました。何故鏡板とよばれるかについては、諸説があるようですが、後述する能楽用語サイトによれば、観客席におられる神様を映す板といわれるからとされます。古事記に記される天の岩戸のお出ましに使用された鏡について記す古事記の記述からしても納得しうる説といえます。それゆえ、鏡板の前での献花作法は、まさしく神様にお見せするための作法といえます。

図1は献花奉仕中の様子を示しています。

 

2は能舞台鏡板前に並べられた献花を示しています。

 

 

当社鏡板に描かれた松と梅、脇の鏡板に描かれた若竹にあわせて、中央向かって右側には梅を主位にして、松とつばきと菊の花を添えて生けられ、中央向かって左側には松を主位にして、つばきと菊の花を添えて生けられています。当社社殿の連子窓の格狭間(こうざま)には、上位(向かって右側)に梅が、下位(向かって左側)に松が彫られています。また、能舞台上では、観客に向かって左側が上位といわれますので、それらに合わせて飾られています。両脇には、控の鏡板の画にあわせて、若竹を主位にして、つばきとシャクヤクの花を添えて生けられています。なお、能楽用語に関しては、インターネットアドレス(www.the-noh.com/jp/index/html)を参照さしていただきました。

 社殿には、古流柏葉会家元殿による「彩流華 風の華」が奉納されました。

 

 

つばきを花材に、風が舞い降りてきた様子を生けていただきました。献花式当日はさわやかな風が境内を吹き抜け、生長の季節にふさわしく、また、創建360周年(6回目の還暦の歳)を迎え、新たな旅立ちの当社にふさわしい献花でした。

 

 

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 20:29
-, -, - -
能舞台開きにおける能楽奉納(記念行事その3)

 

 平成29年6月3日(土)午後1時半より、小松能楽会により小松天満宮能舞台において能楽奉納式が斉行されました。当社の能舞台は、小松の能楽愛好家の方々の募金により、明治維新後に金沢に残されていた波吉太夫家の能舞台を移築し、日清戦争後の明治29年10月に能舞台開が行われたものです。昭和十年代の梯川改修工事により西方広場に移築されましたが、平成の河川改修により明治時代に建てられていた故地に戻って再建されました。

 能楽奉納では最初に義本高明氏らによる謡「翁」が奉納され、続いて、土居尚子氏らによる仕舞「老松」と長野 裕氏らによる舞囃子「高砂」が奉納されました。

 能楽奉納に先立ち、小松市長さんと小松市議会議長さんより創建360周年と能舞台開きを祝してご挨拶を頂きました(図1)。謡「翁」の奉納風景が図2に、仕舞「老松」の奉納風景が図3に、舞囃子「高砂」の奉納風景が図4に、また、観賞されている観客各位をあらわすのが図5になります。

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 20:23
-, -, - -
記念講演会と宝物館公開(記念行事その2)

 平成2963日(土)御前10時より1140分まで、小松市立公会堂4階会議室にて、筑波大学教授綿抜豊昭氏による記念講演会が開催されました。

当社初代宮司能順は明暦2(1656)29歳にて小松天満宮宮司に就任し、79歳にて亡くなるまで、50年近くの長きにわたり当社と北野天満宮の両社に奉職して、当時の文化の中心であった京都と加賀小松の文化交流に貢献いたしました。江戸時代連歌の第一人者といわれたこの能順を中心とする人々の業績について、当社宝物をふまえつつ講演していただきました。講演会後の63日午後と66日には、新装なった小松天満宮宝物館において講演に関連する宝物等が一般公開されました。また、授与所では綿抜教授の著書「小松天満宮と能順」の頒布が開始されました。以下の図1から図2は講演会の様子を、図3は多くの方々に来場いただきました宝物館公開で入場をまつ人々の様子です。

 

 

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 20:15
-, -, - -
白梅の植樹式(記念行事その1)

小松天満宮創建360周年を記念して、平成2962日に、稚松校下町内会連合会により、竣工なった宝物館前庭に白梅が献木されました。

 図1、図2は植樹式に参加された小松市長さんと町内会長さん方です。

 

 

図3は白梅を植え込む様子を、図4は植栽された白梅を示しています。

 

 

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 20:09
-, -, - -
記念行事期間中の臨時駐車場のご案内

小松天満宮創建360周年記念行事中の臨時駐車場のご案内

 

小松天満宮において記念行事の斉行される 6月3日、4日、6日には、下記のP1とP2の臨時駐車場をご利用下さい。

 

  

author:bairinnet, category:祭典・行事, 09:36
-, -, - -
小松天満宮創建360周年記念行事のおしらせ

明暦3年(1657)年に加賀藩三代で小松城にて幼少の藩主にかわり監国されていた前田利常公により、御祭神菅原道真公の御霊を京都北野天満宮よりお招きして、当社が創建されてから今年で360周年になります。また、平成の梯川改修事業により移築工事中でありました当社宝物館と能舞台も無事竣工いたしました。

  今年は、これらの節目の時を迎えています。殖産興業や賑わいまちづくりにも力をそそがれ、裏千家初代仙叟宗室居士や当社初代宮司(別当)能順を小松に招いて郷土加賀小松の文化の礎を築かれた前田利常公をお祀りする小松神社例祭・小松商工祭の斉行される6月5日前後に、小松天満宮創建360周年記念事業を斉行いたします。

 

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 04:07
-, -, - -
小松天満宮宝物館公開のお知らせ

1)宝物館公開のおしらせ

   

当社初代宮司能順は29歳にて小松天満宮宮司に就任し、79歳にて亡くなるまで、50年近くのの長きにわたり当社と北野天満宮の両社に奉職して、当時の文化の中心であった京都と加賀小松の文化交流に貢献いたしました。この能順を中心とする人々の業績にかかる当社宝物を長年にわたり調査・研究してこられた筑波大学教授綿抜豊昭氏による記念講演会と関連する宝物の展示を行う当社宝物館公開を下記のように開催いたします。

 

 

記念講演会

 日時: 平成29年6月3日(土)午前10時より11時半

 場所: 小松市公会堂4階大会議室(先着100名様)

小松天満宮宝物館公開

 日時: 平成29年6月3日(土)午後2時より午後4時

     平成29年6月6日(火)午前9時より午後4時

 場所: 小松天満宮宝物館

 

2)記念出版物頒布のお知らせ

 

小松天満宮創建360周年を記念しての出版物とその購入手続きについて下記のようにご案内いたします。

                                                        小松天満宮社務所

―――――――――――――― 記 ―――――――――――――

著者: 綿抜豊昭

書名: 小松天満宮と能順

内容: 加賀藩三代前田利常公により京都北野天満宮より小松天満宮の初代別当(宮司)に招かれた松雲庵(後に梅林院)能順の、小松天満宮と北野天満宮における業績の紹介と共に、連歌と俳諧の違い、霊元院と能順、能順と越前屋歓生、能順と芭蕉など、能順をとりまく人々とのかかわりについても関連古文書に依拠してとりまとめた小冊子です。

価格: 税込み 2000円

    郵送の場合は、郵送料 180円

申込み方法 小松天満宮授与所にて販売しています。

なお、郵送ご希望の方は、FAX 0761-22-9128 にて、 

住所、〒番号、氏名、書名 を明記のうえ、お申し込み下さい。

 社務所より郵便振替用紙をお送りいたしますので、金額 2180円を送金下さい。入金後、社務所より送本いたします。なお、郵便局発行の振込控えでもって領収書とさせて頂きます。

                                                          以上

author:bairinnet, category:祭典・行事, 17:00
-, -, - -
平成28年夏祭りの斉行

恒例の夏祭りが84日に斉行されました。午前10時より筆塚の前にて筆供養祭が執り行われました。

 

 

 

 江戸時代に官学としての朱子学が主として士分階級に学ばれましたが、江戸時代中期以降、朱子学にとどまらず、国学や洋学への関心が高まると共に、一般大衆への学問需要が高まり、当社においても江戸時代後期から寺子屋が開設されました。庶民子弟への読み書きの学習に不可欠の筆と手習い紙への感謝を込めて、筆供養が開催されるようになり、現在にいたっています。現存の筆塚には降神の儀に使用される筆型石碑は、明治12年に作成されたものですが、五言句が彫られています。「天心梅花」と一文字読めない字があります。

 

 

立か在か長らく確定しませんでしたが、本年春3月に茶道宗和流教授の室木宗美殿(七尾市中島町)がお弟子さん共々来社され、宗和流12代家元辰川宗弘殿による軸装された拓本を持参されました。「天心在梅花」と書かれており、これにて「在」であることが確定いたしました。

藩政期に当社宮司家梅林院にて宗和流茶道が伝えられていたことのご縁であることと思われます。室木殿からは、記念の和歌をいただきました。

 「たまわりし縁(えにし)に集う筆塚に 梅咲きて香る梅林院は」

 

 ひきつづき当社の国指定文化財社殿・神門の維持管理にご尽力頂いています当社奉賛会員の恒例の祈願祭が神殿にて、奉賛会員名簿及び物故奉賛会員名簿をご神前に奉読して斉行されました。式典後に永年会員表彰式と記念撮影も斉行されました。

 

 夏祭りの納めは、小松天満宮持宮地域14社地域の日清日露戦役から大東亜戦争に至る間に亡くなられました181柱の戦没者各位の御霊をおなぐさめする戦没者慰霊祭が斉行されました。戦没者各位は公務として、地域の代表として出征されました。神道においては、お亡くなりに成られたお身体は大地にかえられますが、魂は神の御許に帰られると共に、なつかしい古里近くから後につづく方々を見守って下さると信じられています。たとえ直接の御子孫方々がおられなくても現在を生きる私共が戦後平和の礎になられた御霊に感謝と慰霊の誠をささげるのは大切と、本年も各社総代各位ともども無事斉行させていただきました。

祭典では、戦没者各位の生前のお名前を奉読させていただきますが、戦没者名簿には、お亡くなりになられた戦役名や場所等が判明のつど書き足されています。そこから判明することもあります。14社地域の一つでありますK町のお社の社号額は明治神宮宮司を務められた一戸(いちのへ)兵衛陸軍大将が大正時代に揮毫されたものです。一戸大将のお孫さんには、昭和1511月からスウェーデン公使館付陸軍武官として終戦までスエーデンにとどまり、陸軍参謀本部にヤルタ会談でのソ連の対日参戦決定などの重要情報を送った小野寺 信大佐(後に少将)の奥様の小野寺百合子さんがいます。戦争中は夫の小野寺大佐の入手された情報を暗号に変換して送信する役目をはたされ、戦後は、児童文学として有名なムーミンシリーズの翻訳をされた方です。小野寺夫妻のことは、祭典の数日前にもテレビで放映されましたのでご覧になった方々も多かったと思います。

どうして一戸大将が揮毫されたのかは不明でしたが、K町の戦没者名簿の中に、日露戦争にて戦死された方がおられます。日露戦争では、金沢駐屯の第9師団に属する歩兵第6旅団(指揮官が一戸陸軍少将)が激戦の旅順攻囲戦において、日本軍において唯一の堡塁を占領する武勲をあげています。無事生還された一戸旅団に属する方からの依頼にて揮毫されたものと推定されることが判明しました。

 夏祭りのご神前には、古流柏葉会の小松支部の方により、天は円、地は方をかたどった創作花器に応用花の献花が奉納されました。天に向かって直立するニュウサイランの葉に、初夏から夏にかけて葉の大きくなる木苺の葉が添えられ、リンドウとケイトウの花が彩りを添えている、御霊迎えのお道を飾るにふさわしい献花でした。

 

 

author:bairinnet, category:祭典・行事, 10:53
-, -, - -
平成28年春季例祭の斉行と古流柏葉会の献花
 御祭神の菅原道真公が太宰府にお亡くなりになられた延喜3年(902)より1114年目の3月25日に春季例祭が斉行されました。縁の北野天満宮では新暦下でも2月25日に「梅花祭」として斉行されていますが、当社では改暦以降、1ケ月遅れで斉行されています。今年は、大晦日に紅梅が開花しましたが、その後、2月に入って寒い日が続いたこともあって梅園の開花時期が長く3月中頃まで梅園の開花が楽しめました。下図は3月5日の梅園の一風景です


 
春季例祭式典には、地元の古流柏葉会の会員の方により「応用花」が献花されました。

 
 
 応用花は生花と自由花の中間の花型ですが、献花は神前に向かって右側(東側)に置かれますので、左勝手に生けられています。左上方に伸びるように生けられているのが真(天に対応)の枝、それと釣り合うように右手前にあるのが流(人に対応)の枝、共に、花材は黄金ヒバです。天の気を受ける受(地に対応)の枝には椿が左下方に生けられています。中央に真っ直ぐに生けられているのが真前ですが、山桜と菊です。受の埋(うづみ)には椿の花が根元近くの中央に生けられています。
 各地各社で斉行されます春季例祭には五穀豊穣を祈念いたしますが、春祭りはまた田の神様をお迎えする季節でもあります。秋の収穫後に田の神様は山に帰られて、春になると再び田に戻られるといわれます。古代の稲作民には、この田の神様の顕現が山桜で表象されていると思われていたようです。山の端の遠い梢に咲く花(桜)に春の到来を感じ取った歌が、万葉集巻第10の春の雑歌に詠われています:

 うちなびく春さり来(く)らし 山の際(ま)の

     遠き木末(こぬれ)の咲き行く見れば


 
  また、椿の花といえば、民俗学者(その前身は農林省の有能な官吏)の柳田国男が「北国の春」で書いていることを思い出します。椿の花はもともと北国に自生していたものではなく、南国の文化(典型的には鉄器や稲作文化)を北へ北へと運んでいった開拓人により持ち運ばれたものであろうということです。
山桜も椿の花も共に開墾地での五穀豊穣を祈念する春祭りに縁のものであり、新入学の学び子や就職して新社会人となる青年諸氏等が新天地で学び心を涵養して元気に成長していってほしいとの願いにもふさわしい献花でした。
 
 
author:bairinnet, category:祭典・行事, 15:14
-, -, - -
初詣臨時駐車場のご案内
平成27年12月31日より平成28年1月3日まで、下図の P1、P2、P3 の場所に初詣臨時駐車場をもうけますのでご案内いたします。なお、P2は初詣後もご利用出来ます。駐車後は新設の「天満橋」を渡ってお参り下さい。


author:bairinnet, category:祭典・行事, 17:01
-, -, - -